バルスと叫びたくなる場所NO1!ベンメリア遺跡への行き方、料金、注意点

Instagram

旅の相談随時受付中!
友だち追加数

お元気にしてますか?
まっさん(@hidelo)です。

個人的にアンコールワットより好きな遺跡「ベンメリア遺跡」

風化や木の成長などに伴いなかば崩壊していますが自然との調和がすばらしい遺跡で天空の城のラピュタにでてきそうな風貌です(実際はベンメリアがラピュタのモデルではないらしいと聞いたのですがどうでしょう?)

アンコールワットのお膝元シェムリアップからおよそ70キロほど離れています。

行き方

ベンメリア遺跡への移動手段は

車とトゥクトゥクが基本です。

自転車でチャリさんぽ?いやいや足がバンビみたいになってしまいますよ。遠いし道路もよくないですし(笑)

車ですと片道1時間、トゥクトゥクだと1時間半から2時間くらいかかります。

トゥクトゥクのチャーターだと交渉次第と人にもよりますが25ドルから40ドル(1台あたり)くらいですかね。あくまで目安です。

ちなみにトゥクトゥクやガイドの紹介できるのでお気軽にお問い合わせください

また、乗り合いバンでタイとの国境にある天空の遺跡、プレアビヒアと組み合わせて行くこともできます。この場合、プレアビヒアに最初に行き、ベンメリアが午後からとなる場合がほとんどです。一緒に行けるし乗り合いバンで和気藹々いけるのでこちらもおすすめです。

遺跡につくまえにチケットを買います。

こちらに駐車して買います。お手洗いあるのでここで用を済ませましょう。

 

チケットはこんな感じ。2017年5月現在1人5ドルです。

 

で遺跡の入口。

 

ここをまっすぐ歩いていきます。入口手前でチケットを見せる場所があります。

この写真の端にナーガが見えます。ナーガは蛇の神様でヒンズー教の神様。そう、アンコールワットと同じくヒンズー教寺院であり、かつ仏教寺院でもある混合寺院といわれています。

入口からまっすぐ参道をすすむとこんな風景に出会えます。

 

崩壊していますがこちらベンメリア寺院です。なお崩壊が激しいので登るのは止めましょう。

通常、ここから右にまがり散策をはじめます。

3年まえにきたときは崩壊や地雷のある危険な場所を避けたり険しいところを登ったりするため案内人に方がいましたが(散策後チップを要求されましたね。まあ案内してもらったし払いましたが)今回まったく見当たりませんでした。さらに整備が進み、木でできた整備道をすすんで前半散策しました。

案内人に導かれながらダンジョンのように岩場をすすんでいきましたが今回は整備された道を巡回。あのジャングル感がよかったのに、と思いつつ。

まあ以前と比べたら危ない感じもなくサクサク進めました。

後半、中心部へと進んでいきます。

 

こことかいいですよねー。窓とまわりを彩る枝。

 

こことかバルス!とシータとパズーがいってるのが聞こえた感じがしました。いや、気のせい

 

注意点

前述したとおりほぼ崩壊されたままの遺跡ですのでときたまこうした進入禁止エリアがあります。

絶対に中に入らないようにしないでください。


また、整備が進んでいるんとはいえ、トゥクトゥクでの移動は特に砂利道で砂が入るし散策も時間もかかるし不安定な場所をすすむところもあるのでかかとのある靴でいきましょう。あと神聖な場所なのでくれぐれも本当に「バルス!」と叫んでしまわないようにお願いしますね。

 

プロフィール

最後までお読みいただきありがとうございます!世界をまわりながらノマドしてます。旅好きな臆病者。旅に行きたい人の背中を後押ししています。旅の相談、お仕事の依頼はma2motohideaki.0906(アットマーク)gmail.com

いつもシェアありがとうございます! Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

ついでついでの関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

旅の情報をキュレーションして発信してます!→

大盛況のタイフェスティバル!さくっとレポートと注意点4つ

旅の相談随時受付中! お元気にしてますか? まっさん(@h

カンボジアならではの菓子土産といえばこちら!健康にもいいカンボジアティータイムのノムトムムーン

旅の相談随時受付中! お元気にしてますか? まっさん(@h

【キャンペーン付】広尾にあるタビタツのオフィスに行ってみた。

旅の相談随時受付中! お元気にしてますか? まっさん(@h

バルスと叫びたくなる場所NO1!ベンメリア遺跡への行き方、料金、注意点

旅の相談随時受付中! お元気にしてますか? まっさん(@h

アジアの雑踏と安さが味わえるプラチナムマーケットに行ってみた【バンコク】

旅の相談随時受付中! お元気にしてますか? まっさん(@h

→もっと見る